Home


赤いひまわり 最新ニュース

 

2008年
12/26
12/4、菊池病院クリスマス会「美咲じゅん子」歌謡ショーを開催しました。

赤いひまわりの歌でおなじみの美咲じゅん子さんをお招きし、菊池病院ではクリスマス会を開催しました。
入院患者様、御家族の皆様、一般の方々にも多数ご来場いただきました。 ありがとうございました。
また来年も楽しみにしていてください!
パーティーの模様はこちらからどうぞ。

12/26
10月、美咲じゅん子 15th Anniversary DVD発売記念祝賀会が開催されました。

美咲じゅん子さんのメジャーデビュー15周年を記念し、DVDが発売されました。赤いひまわりの歌はもちろん、他4曲が収録され、DVDにはご本人も出演されています。
また、苫小牧市ホワイトパークサンシャインでは記念祝賀会が開催されました。

美咲じゅん子 Anniversary DVD

祝賀会の模様はこちらからどうぞ。

12/26
9月、暮らしと健康の月刊誌「ケア」で赤いひまわりの活動が紹介されました。

北海道医療新聞社発行の暮らしと健康の月刊誌「ケア」に赤いひまわりの活動が紹介されました。
赤いひまわり発足までの歩み、地域住民との活動の様子、赤いひまわりの花の紹介などが掲載されています。

暮らしと健康の月刊誌「ケア」表紙
暮らしと健康の月刊誌「ケア」 赤いひまわり100万本の会 菊池代表
暮らしと健康の月刊誌「ケア」 赤いひまわり植栽
12/26
8月、JR北海道車内誌No.186で赤いひまわりが紹介されました。

四季に富んだ北海道の話題をベースに、旅情や役に立つお得な情報などが掲載されている、JR北海道車内誌「THE JR Hokkaido」No.186 北海道花巡り花便りコーナーで、追分町の鹿公園の様子、赤いひまわりが記事に取り上げられました。

THE JR Hokkaido表紙
THE JR Hokkaido 花巡り花便り
12/26
6/21、北海道新聞コラム「あの街このマチ」で追分高校生徒の手植えの様子が紹介されました。

北海道新聞のコラム「あの街このマチ」で、追分高校の生徒が追分公民館敷地内に赤いひまわりの苗を植えた模様が掲載されました。植栽は今年で9年目、同校の総合学習の時間を使い、赤いひまわり百万本の会に協力いただいております。

北海道新聞コラム あの街このマチ 追分高校
12/26
三國清三シェフ推奨手造りカマンベールセットのパッケージに赤いひまわりが使われています。

フレンチの巨匠・三國清三シェフが、出身地・北海道内で生産加工される食品の中からおすすめの品を厳選したセレクト品、「手造りカマンベールチーズセット」のパッケージ裏に赤いひまわりの写真が使われました。
商品をお見かけの際は是非チェックしてみてください。

三國清三推奨 北海道三品 カマンベールチーズ
三國清三推奨 北海道三品 カマンベールチーズ
1/5
星野富弘・相田みつを展
開催中です!

追分の赤いひまわり植栽事業から、赤いひまわりの種が17年かけて一人旅をつづけ、群馬県の画家星野富弘先生の庭に咲きました。

その星野富弘先生と相田みつをさんの特別企画展が、東京の相田みつを美術館で開催されています。
花の詩画と書の世界 星野富弘・相田みつを展
相田みつを美術館

星野富弘 相田みつを
星野富弘 相田みつを

星野富弘先生プロフィール:
1946年、群馬県東村に生まれる。群馬大学教育学部卒業。頸髄損傷で入院中、詩や絵を描き始め、1979年、入院中前橋市で開いた詩画展が大きな反響を呼び、全国に広がる。1991年、故郷の勢多郡東村(現 みどり市東町)に富弘美術館開館。2006年、熊本県に芦北町立富弘美術館開館。現在も詩画や随筆の創作を続け、また、国内外で「花の詩画展」が開かれている。著書多数。
星野富弘美術館

1/5
赤いひまわりの絵が載った星野富弘詩画集カレンダーが発売されています

2008年の星野富弘詩画集カレンダーに赤いひまわりの絵が掲載され、発売されています。

星野富弘 カレンダー

グロリア・アーツ株式会社

1/5
朝日新聞広告特集で紹介されました。

朝日新聞 be 11月17日(土)広告特集で、
星野富弘先生がアルピニストの野口健さんに紹介されました。

星野富弘 カレンダー
 





赤いひまわりって? | 最新ニュース | 赤いひまわり100万本の会 | 日本画院理事 山内郁子さんの赤いひまわり絵画に関するお知らせ
赤いひまわり作品に関するお知らせ | 追分町のご案内 | 追分町へのルートマップ赤いひまわりグッズ赤いひまわり白いひまわり写真館
ギリシャ神話のチトニア | ご意見ノート | 写真コンクール | リンク | 追分町菊池病院 | Home